2007年10月19日

星野仙一1



「成功と失敗の間にはそれほど厚い壁はなく、ちょっとした注意や手間のかけ方によって、結果が左右される。言い換えれば、「ほんのちょっとの差」さえ埋めることができれば、人生の勝者になれるということでもある」



迷ったときは、前に出ろ!―タイガース再生への道、険しくともより)
posted by 浅草太郎 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 星野仙一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

星野仙一2

posted by 浅草太郎 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 星野仙一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

星野仙一3



「思ったことをやって、もしそれで恥をかくならいいじゃないか。 やらなければ、何も残らない。 そこが大切なのだ。やって失敗しても、そこには何かが残る。それを拾って帰るのだ。人間が成長するとはそういうことだと思っている」



迷ったときは、前に出ろ!―タイガース再生への道、険しくともより)
posted by 浅草太郎 at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 星野仙一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星野仙一4



「コーチがいないときに、監督である私が選手に直接指導すると、選手はコーチの言うことを聞かなくなる。この信頼関係が崩れると、その部署は必ず崩壊の道を歩むことになる」



迷ったときは、前に出ろ!―タイガース再生への道、険しくともより)
posted by 浅草太郎 at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 星野仙一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星野仙一5



「選手たちは「見られているぞ」という意識があると、自然に身体が動くものなのだ」



迷ったときは、前に出ろ!―タイガース再生への道、険しくともより)
posted by 浅草太郎 at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 星野仙一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。